施設・旅行・観光|イングラム ムエタイジム ご紹介

【無料の企業PR広告】
■該当件数1件 | 1 |
TOP > 施設・旅行・観光 > くるんトラベル

ダーウサミン

イングラム ムエタイジム ご紹介


 2002年3月、タイ国バンコク都スクムビットSoi49に元ムエタイ選手であった鈴木秀樹氏によりオープンしました。在タイ外国人や観光客(主に日本人)にもタイ国国技であるムエタイを一般の方々に開放する一方、プロムエタイ選手育成にも力を入れ、2006年6月には外国人経営のムエタイジムとして初となるルンピニースタジアム(ムエタイ2大殿堂メジャースタジアムの一つ)チャンピオン輩出に成功。2013年7月には、もう一つのメジャースタジアムであるラジャダムナンスタジアムで、所属の欧米人選手(ジョス・メンドーサ/ブラジル)をスタジアム設立70年の歴史上、欧米人として史上初となる同スタジアムの王座を載冠させ、2大殿堂スタジアム両方にてイングラムジムよりチャンピオンを輩出。

 又、ジム設立以前からムエタイの普及・振興の為に日本での興行、大会にタイ国のトップ選手らを派遣するコーディネートをしており、2004年には、当時最大規模の大会であった K-1 MAXにブアカーオ・ポープラムック(現ブアカーオ・パンチャメーク)を送り込み、初出場・初優勝という快挙を実現。ムエタイの強さを世界中にアピールすることに成功し、ムエタイ普及に大きく貢献する。

 2007年9月1日には、バンコク国立競技場内において外務省認可【日タイ修好120周年記念興行】を主催し、所属選手のダーウサミン・イングラムジム(タイ)がWPMF世界スーパーフライ級王座を獲得。
現在では上記の各プログラムも随時継続しており、さらに日本人の学生が単身でジムに寄宿し、インターナショナルスクールに通い、ムエタイ体験にも取り組む『文武両道プログラム』を開設。今まで3名の卒業生を送り出している。(それぞれ慶應義塾大学、関西学院大学、バンコク大学に合格。現在1名の生徒が寄宿し、プログラム参加中!)